リノベの家って?

HOME | リノベの家って?

リノベの家"3ヶ条"

理念

壊すことを減らして、廃棄物を出来るだけ出さないこと。

物を壊せば、ゴミとなります。 そのゴミは産業廃棄物と言われて、処分費用が多くかかります。 できるだけ、壊さず、ゴミを出さないリノベーション計画を組み立てて、
中古住宅でも新しい家を目指しています。

使えるモノは取り替えるのではなく、リペアすること。

年期の入っている道具や物、なぜか心が和む物を、人は"アンティーク"や"年代モノ"と表現します。
家の中にもそのまま使えるモノや、リペアすればもっと良くなるモノがあります。私たちは、モノに新しい息吹を与えることを使命だと思っています。

家族の晴れの場所には、贅沢なことを盛り込むこと。

私たちが定義している「晴れの場所」。それは、家にお客さまが遊びに来たときに、家の中で移動する範囲(エリア)を指します。
家族は家中を隅々まで移動しますが、お客さまの移動範囲はどうでしょう?
きっと、玄関・リビング・廊下・トイレ・お庭ではないでしょうか。
晴れの場所には、おもてなしデザインと家族が楽しむデザインを採用して、誰もが「いい家だね」と感じてもらえるようにします。

QUALITY

選ばれるワケ

希望の街で暮らす

どんなに建物が新築住宅でカッコ良くても、一生暮らすためには、街がキーワードとなりませんか?
子どもの学校区域・勤務先への通勤距離や交通の便・日々のショッピングや病院・ご両親のそばなど、暮らしていくにはワードが様々です。
リノベの家は、いわゆる街の中に存在しますので、立地に妥協が無くなります。

 

借金は少ない方が良い

住宅ローンの借入額はできるだけ少なめに。
月々のお支払いは家賃並に。
住宅にかかる支出を抑えて、子どもの学費や保険の他に、趣味などのアクティブに楽しむ生活が、今からの時代に必要だと思いませんか?
リノベの家は、お財布に優しい=人生を遊びつくすことができます。

 

暮らしのデザインがここにある

住み良い間取り・自分スタイルに合うデザインは、いわば "暮らしdesign" です。暮らし方を考えて、もっと楽しい日々を過ごしましょう。中古住宅でも、ちゃんとデザインリノベーションすれば、この家だったからこそできるdesignが完成します。 あえて言いましょう。「新築住宅だけが、最高ではありません。」

 

INTEVIEW

想いを語る

インタビュアー入江が色々と聞いてみました!

「リノベの家はかっこいい」
それが私の最初の感想でした。

でも、なぜ? こんなに新築住宅と比較しても良いと思うのだろう?
なぜ? なんで? ところで? え?
聞きたいことがたくさんあったので、このインタビュー形式をマイハウスさんに依頼したところ快諾! 皆さまにも伝わるようにインタビューしますね。

リノベの家は「リノベーション住宅販売」です

 
リノベの家とは、私たちが既存住宅を購入して、その住宅を私たちがリノベーションします。デザイン、仕様、費用などをプランニングして、見れば分かるクオリティとしています。例えるなら、新築住宅に建売物件があるように、リノベの家は中古住宅+リノベーションされた建売住宅です。
建築会社と一緒に、リノベーション計画をする際、どうしても完成形が分かりづらい・工事価格が分かりづらいといったことが、お客様の声です。これは、結果としてストレスとなり、楽しい家作りのはずが、キリキリと胃が痛む方が多いんです。リノベの家は、インスペクション(建物検査)のデータを基にして、耐震補強や断熱工事を行い、空間デザインや間取りをプランニングします。
既築にある様々な制限を私たちの手で、新しく具現化した完成物件をそのままご購入してくだされば、明朗会計でお客様のストレスもなくなります。

 

もし、自分の自宅をリノベーションして欲しいときは、リノベの家のようにしてもらえますか?

 
注文リノベーションも受け付けています。
その際、工事予算、既存住宅の平面図や室内写真があれば、どの程度までのリノベーションが可能なのかのアドバイスができます。
弊社スタッフにお気軽にお尋ねください。